ご挨拶

はじめまして。
数ある写真撮影の会社の中から、YAMAPHOTOをご覧いただき、ありがとうございます。
 
私は20年ほど、大手式場・ホテルにて、結婚式の新郎新婦に同行し、スナップ写真を撮影する仕事を主に行ってきました。

人生の新しい一歩を踏み出す、大切な一日を記録するというとても重要な役割に、大変な緊張感をもってシャッターを切る毎日。
それと同時に、私が接してきたお客様の喜びの声や、自分の撮影した写真が大切な思い出になっていくということに、大きなやりがいを感じて続けてきました。

そんななか、様々な場面で記念撮影をしていて、いろいろな方がいることに気が付きました。

写真を撮られるのが好きな人、嫌いな人。すぐにいい笑顔が出る方もいれば、カメラを向けられるだけで眉間にしわがよってしまう人、などなど。 「写真を撮ると、いつも引きつってしまって笑えないの」という方も、少なくありませんでした。

せっかくだから、記念写真を撮る時間も楽しんでもらいたい。
そんな思いで、いかに緊張させずに、皆様の普段の笑顔が引き出せるかを考えて撮影をするようになりました。

私は、定番のお声かけ「笑ってください!」は基本的に言いません。
自然と笑顔がでてしまうように、お話をしながら楽しく撮影を進めていきます。

また、自身も子育て経験があり、お子様相手ではコミュニケーションをとりながら(遊びながら?)撮影をしています。
お子様は特に、慣れない場所で知らない人に急にカメラを向けられてリラックスをするのは難しいと思いますので、いつも行く公園や自宅での撮影をお推めしています。

撮影は、お子様のお写真に限りません。
ご結婚前に思い出の場所でデートついでに撮影したり。ご長寿のお祝いの席などに、フォトグラファーが直接伺って撮影することもできます。
撮影シーンは無限大。様々な場面でご利用いただけます。

普段の表情を自然な形で。
なにげない日常の一瞬を、最高の写真として残したい。

そういったことから、「出張撮影」というスタイルで、YAMAPHOTOをスタートしました。

マタニティーフォトから、ご出産、お宮参り、七五三と、ご家族の成長イベントごとに撮影させていただいて、その写真を日常のなかに飾っていただけたら。。。
こんなに嬉しいことはありません!
そんな思いで、日々撮影をしております。
 
夢は、私が撮影させていただいた赤ちゃんが、結婚式をあげるときにまた私に写真を任せていただけること。

これからも皆様に、楽しんでいただける撮影を。
素敵な写真をお届けしてまいります!

 


山  田    孝

ヤマダ タカシ

 

1976年生まれ。

 

学校法人専門学校 東京ビジュアルアーツ卒業後、

六本木のレンタルスタジオにてアシスタントを経験。

 

スタジオを出たのち約20年程、婚礼スナップフォトグラファーとして活動。

 

都内の結婚式場、ホテルの専属撮影を中心に、レストラン、神社など多くの会場で婚礼スナップ写真を経験。また、出張キッズフォトや広告撮影も担当。

 

2016年6月、フリーランスフォトグラファーとして独立、「YAMAPHOTO」を設立。